スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気軽な水中撮影(DicaPack)

8月末に、沖縄から、西表島に行ってきました。

なんでも、きれいな海とサンゴ礁があって、
熱帯魚も見れるというので、デジタルカメラで
水中撮影が出来ないか、考えました。

純正の水中撮影用の装置は、高い!のです。
(数万円します)

それで見つけたのが、DicaPackという商品。
色々なメーカーのデジタルカメラが水中で
使えるようになるという商品です。

旅行へ出発3日前に注文し、手に入れました。
約3000円ほどの出費でした。
DicaPack-1

こうして、カメラを入れます。私のはNikonのCoolPix3100です。
DicaPack-2

裏側は普通に透明です。音も通るので、ビデオ
撮影も出来るそうです。
DicaPack-3

生まれて初めての、沖縄旅行で、気分も高まります。
沖縄上空

那覇から、石垣島に飛行機で乗り継ぎ、
さらに、高速船で、西表島まで行きます。
翌朝、いよいよ、小船に乗り、さんご礁へ。
ボート-1

天気は快晴、小船に屋根がついているので
日陰で気持ち良いです。時速30kmほど出る
ボートなので、帽子が飛ばされないように、
あごにゴムをつけました。
ボート-2

30分ほどで、サンゴ礁に到着。急に水の色が
透明な水色に変化しました。
サンゴ礁-1

下を見ると、さんご礁です。水深は数メートルでしょうか。
サンゴ礁-2

シュノーケルをつけて潜るのは、初めての体験
だったのですが、船長さんに、詳しく聞いて、
上着には、ライフジャケットをつけて、水に入りました。
遊泳姿

下を見ると、沢山の熱帯魚が泳いでいます。
nettaigyo-sango-1

早速、DicaPackをつけたカメラで、水中写真撮影です。
nettaigyo-sango-2

いつものとおりに撮影が出来ます。熱帯魚の部分を
拡大してみると、こんな感じです。結構、写ります。
熱帯魚拡大2

夢中になって、色々な熱帯魚を撮影しました。
意外と、泳ぐのが速いので、きちんと撮るのは
簡単ではありませんが!
nettaigyo-sango-2

サンゴも、紫色のものがあり、きれいでした。
さんご

白いサンゴのテーブルの上に、小さな青い熱帯魚が
群れていました。近づくと、サンゴのすき間に隠れて
しまいますが、本当にきれいでした。
熱帯魚拡大1

3000円の投資で、いつもの使い慣れた
デジタルカメラで、なかなか、面白い水中写真を
撮ることが出来ました。

ケースの中に入れると、電源を入れる操作が
やりにくくなるのが、今後の改良点でしょうか。
事前に、操作の練習をしておかないと、いざ
本番の時には、焦ってしまいそうです。

水深5mまで使えます。お気軽に水中撮影を
するには、本当に良い商品だと思いました。

ここで気が付いたのですが、
DicaPacα(ディカパックアルファ)という商品が
出ていました。電源を入れやすいように、改良し
さらに、水深10mまで使えるそうです。
値段は、3800円ほどになっていました!

ディカパック アルファ WP-510【総合百貨店 プレジデント】ディカパック アルファ WP-510
3,800円
いつものカメラが水中カメラに!静止画も動画もおまかせ!

Ads by 電脳卸


デジカメの機種別に、タイプが用意されているので、
よく確認しておく必要があります!

水中撮影が出来る手頃な価格のビデオカメラも
あるようです。↓

防水デジタルムービーカメラ BK

防水デジタルムービーカメラ BK

¥11,499(税込)

500万画素仕様での、動画、静止画もとれるデジタルカメラ。。デジタル8倍ズーム。32MBの内臓メモリー。約28…



沖縄(那覇、石垣島、西表島)3泊4日観光のレポート








theme : お役立ちツール&情報
genre : アフィリエイト

アフィリエイト仲介サイト(ASP)

アフィリエイトで、広告収入を得るためには、
アフィリエイト仲介サイト(ASP)に登録する
必要があります。

私も、色々なASPに登録しています。
沢山のASPと提携すると、朝メールを
開くと、膨大な宣伝メールが入るのが
今のところ、面倒に感じます。

でも、そのぐらいでないと、わざわざ
自分で商品を探さないので・・・
仕方ないでしょう。

ASPを、少しずつ、紹介していきます。

1) A8.net

A8.netさんは、アフィリエイトの老舗です。
管理画面も、高速で動くので使いやすいです。
報酬は、管理画面にログインしないと分からない
のですが、忘れた頃にログインして、報酬が
入っていると、うれしくなります。



私の場合、2008年11月から、始めて2009年10月に
払込みが5000円ほどありました。(うれしかった!)

2)バリューコマース(Value Commerce)

バリューコマースさんも、アフィリエイトの
老舗です。やや、審査が厳しいという実感が
あります。テーマを絞ったサイトにした方が、
良いでしょう。広告は豊富です。



3)電脳卸

大阪にある会社です。利益率が高く、
30%などもざらにあり、驚異的です。
クリックした数など、レポートでの報告が
充実しています。商品選択画面など、
早く動くので、初めての方にお勧めです。

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』


4)リンクシェアー(LinkShare)

私が初めて試みたアフィリエイトです。
なんと言っても、報酬の支払いが、1円からで、
振込み手数料0円というのがすごい。

イベントもあり、太っ腹な姿勢が良いです。
私も、色々、イベントに参加して、勉強になったと
思っています。始めての方にもお勧めします。

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブラウザーは、インターネットエクスプローラー6
(IE6)だと、うまく管理出来ません。

IE7やIE8なら出来ますが、Windows2000には
使えないので、その時は、Firefox3.5等を無料で
ダウンロードして使ってみます。




森下仁丹の食養生カレー実食講座

アフィリエイトのLink Shareさんから
仁丹 食養生カレー実食講座の講座
の案内が届きました。

今、人気のある、森下仁丹の食養生カレーを、
実際に食べて、開発の説明を聞いてみようと
いう企画ので、抽選で人数を限定して参加が
出来るということでした。


森下仁丹は、大阪の老舗で、自然食品を
使った健康を意識した商品をいくつも出して
いて、前から、興味があったのです。
森下仁丹の特定保健用食品

当たれば、幸運と、応募してみました。
そして、運良く、参加が認められました。

場所は、液晶メーカーのEIZOの大阪にある
ショールーム、「ガレリア大阪」です。
ガレリア大阪

ガレリアとは、Galleriaと書き、イタリア語で
画廊という意味のようです。ビルの1階にあり
奥まった静かな雰囲気は、画廊という感じでした。

でも、中に整然と展示されている、パソコン用の
液晶モニターは、高性能のもので、近代的な
液晶と、落ち着いた部屋の雰囲気が、うまく
マッチングした、感じの良い展示場でした。

少し早めに会場に着いたので、見学しました。

講座の方は、まず、Link Shareさんの司会の
もとで、参加者が、簡単な自己紹介をして
始まりました。ちょっと緊張しました。
森下仁丹食養生カレーセミナー

Link Shareさんのアフィリエイトブログでも、
度々紹介されている、著名なブログ作者の
方々も何名も参加されていて、ああ!この方が
あのブログの作者さんか、と一人で密かに
感激していました。

森下仁丹からこられた、食養生カレーの開発者の
方から、商品開発に関わるエピソードなどを
聞かせて頂きました。元気な明るい方でした。

お土産が、袋に一杯用意されていて、こんなに
もらって良いのだろうかと、うれしく思って
しまいました。(有り難うございます)
森下仁丹セミナーおみやげ
フリーズドライの海藻スープ
三陸わかめ、沖縄もずく、有明のりを使い
ミネラルたっぷりです。塩分控えめだとか。
フリーズドライのおみそ汁
5種類の味があります。化学調味料、着色料、
合成保存料無添加。 具材は国産だから安心です。
なお、コカコーラのスマートダイエットという
お茶は、森下仁丹協力のローズヒップが
使われているそうです。(写真のペットボトル)

アウトドア用品の大阪のお店、「ナチュラム」
さんも、野外でごはんを食べる時に、仁丹の
食養生カレーがぴったり、ということから、
セミナーを協賛されていて、コッフェル
(SNOW PEAKトレック900)を頂きました。
ナチュラム SNOW PEAKトレック900
20万点近くの品揃えがあるそうです。驚き。
ユニフレーム特集

次に、部屋を移動して、食養生カレーの実食に
移りました。人数分の、白米のご飯が用意
されていましたが、各自、試してみたい
食材を持ち寄り、ということで、色々な食材が
集まりました。

私は、前の日に、スーパーに行ってネギと
シソの葉、ちりめんじゃこを買って、当日
「おやき」を焼いたものを持参しました。
食養生カレー

(青い液体は、森下仁丹の有機青汁。先の
 リンクシェアー見本市で頂いたものです。)

大阪で開催ですので、たこやきやら、
ポテトチップス、カップ麺など、面白い
食材を試された方もおられました。
食養生カレーとたこやき

なかなか、明るい雰囲気の中で、楽しい
実食会になりました。

この、セミナーで学んだことを、帰宅後に
早速、ブログにして記事にしました。↓
着々進める健全な生活(仁丹 食養生カレー)

Link Shareさんの企画で、リンクシェアー・
チャンネルの中で、「夏だっ!カレー特集」
というテーマがあったので、初めてですが、
応募してみました。

自分の記事を読むと、何だか恥ずかしい。
さて、どうなるでしょう・・・。

実食を終了後、EIZOさんの方に、最新の
液晶について、説明を受けました。

帰りに、液晶を色々見て帰りました。
EIZOの案内役の方が、簡単な言葉を使って
親切に分かりやすく、説明して下さりました。

Flex Scan S2432W-E(左)-H(右)
EIZOU-3
S2432W-Hは、モニターを縦に使えます。
表示の設定は、パソコン側からするそうです。
ブラウザーなど、縦に長いものが多いですし、
プログラムを書くときにも、横長よりも、
縦長の方が見やすいのです。液晶を支える
アームが、スムーズに自由に動かせます。
FlexScan S2432W-H
S2432W-Hのレポート

最近は、液晶の価格が、数年前とは比較に
ならないほど手頃になっていますが、EIZO
さんの液晶は、やや高め。しかし、隠された
機能(目の疲れ対策など)しっかりしてあって
さすがだなあと感心してしまいました。
パソコン作業の疲れ目・ストレス・肩コリ対策

Flex Scan S2241W-H
EIZOU-1

フルハイビジョン映像も表示可能な、
1920×1200の高解像度。
CADなど、3次元の座標の場合、4つの
画面を一度に表示するのですが、この
22型の液晶だと、楽にカバーします。
これなら、小さな部分も目に負担が無く
作業出来るなあと、欲しくなります。

そして、VisualCなど、プログラム作成の
統合ツールなどでも、デバック画面や
ソース画面など、複数のWindowを一度に
見ることが出来るので、便利です。
EIZOU-2

私も、工業用のシミュレーションソフトの
開発経験があるので、こうした、ワイドで
クリアーな液晶モニターの価値、実感します。

これが、最新の
FlexScan SX2462W

デジタルカメラで撮影したデーターの
色と、液晶モニターに表示される色との
差が無いよう、マッチングがより簡単に
出来るような工夫がしてあります。
画面を斜めから見ても、色が鮮やかな
IPS方式の液晶モニターです。

横と縦の長さの比率が、通常の4:3の
タイプはありましたが、これは、ワイド
(16:9)の製品です。このワイドの
タイプでかつ、IPS方式のタイプは
希少だそうで、EIZOの液晶モニター
技術の集約モデルとでもいうべきもの?

出版関係のお仕事の方なら、喉から手が
出るほど欲しい機種?ではないでしょうか。
EIZOダイレクト


講座の申し込みから、現場での写真撮影、
ブログの作成、特集への応募など、色々と
合って、夏の思い出に残る、週末でした。
仁丹の食養生カレー
10本入り~販売されています。

記事を書く、貴重な練習にもなりました。

リンクシェアーさんに登録しておくと、
こうした物を作る側との接点を提供して
下さる企画の案内が届きます。

ただ、アフィリエイト用のタグを貼る
だけでなく、時々は、こうした企画に
参加すると、良い刺激になると思いました。

リンクシェアーさんも、ECサイトさんも
結構、出費されていると思います。
私のような記事が、売上げに貢献出来て
いるのか、心配ですね。後は、私の方は、
参加に要する、時間との兼ね合いでしょう

※約1ヵ月後、17000円程の売上げが
  ありました。少し貢献出来てうれしい!
  (2009年9月24日記す)

楽しみで進めていくのが、一番でしょう!?
興味のある方はこちら↓
リンクシェアのアフィリエイトプログラム


ネット資源を総合活用する(相互リンク)

前の記事で、メールマガジン発行に
よる、思わぬ効果がある、と書き
ましたが、そのことから入ります。

まぐまぐ、というメールマガジンの
発行スタンド(なぜかスタンドと
呼ぶ)を使う場合、発行サイトの
登録が必要になります。

メールマガジンの内容に関連する
サイトを用意して、登録しておく
必要があるのですが、この登録
サイトをうま利用出来ます。

普通、自分で作成したホームページ
ですが、Yahooやgoogleといった、
検索エンジンへ登録するのが一般の
方法です。

しかし、一括して、登録してくれる
便利な無料のサイトもありますが、
登録しても実は、初めは中々、検索
エンジンに引っ掛かってこない、
という現実があります。

検索の上位にはこないのです。

ところが、まぐまぐに、メール
マガジンの関連サイトとして登録
しておくと、そのページが、
ランクの非常に高いまぐまぐ
からリンクが張られるようになり、
検索エンジンからの検索順位に、
大きな好影響を与えます。

すなわち、

まぐまぐに登録した、サイトは
検索エンジンにも、良い順位で
すぐ引っ掛かってくる。

ということです。

もちろん、メールマガジンを
発行しなければなりませんが、
不定期の発行にすれば、それ程
プレッシャーにもならないかも
しれません。

たしか、有料のメールマガジンは、
不定期発行には出来なかったはず
ですが、無料の方なら、出来ると
思います。

まぐまぐにHPが登録されたなら、
そのページは、検索には強くなる
はずです。

そして、まぐまぐに登録したHP
から、他の自分のHPにリンクを
貼ると、他のHPも検索で少し
上の方に上がってくるでしょう。

次に、自分のインターネットの
資源を総合的に活用する、という
ことについて書いてみます。

それは、YahooやGoogleへの登録、
また、まぐまぐからのリンク等に
頼るのではなく、自分で作成した、
メールマガジンやホームページ、
ブログ・・・その他なんでも、
ネット関連のものを、相互リンク
してしまえば、検索エンジン対策
(SEO)に良い効果がでます。

自分の持っている、ネット関連の
資産を、総合活用する方法は、
まだまだあります。

メールマガジンの中で、自分の
HPの宣伝も出来ますし、逆に
HPの中で、メールマガジンの
紹介も出来るのです。

また、よくある例ですが、
ブログを作成し、そのブログの
テーマに合いそうなHPへ、
ブログからリンクすれば、その
HPの検索順位が上がります。

例えば、このブログは、化粧品
その他について書かれたものです。
着々と進める健全な生活
着々進める健全な生活

このブログを、売りたい化粧品が
並んでいる、自分のHPのページに
リンクさせます。それだけです。
読者を、HPに誘導出来るだけで
なく、HPの検索順位も上がります。。

この、ネット関連の自分の資源の、
総合活用ですが、

私の場合は、今までに紹介した
独立したHPやブログについて、
互いのリンクや紹介を、関連の
あるページに対して、お互いが
結びつけられるようにしています。

こうすることで互いに良い結果を
生み出せるようです。
(リンクを過剰にはしないこと!
 関連のあるように、最小限に)

次は、今までの結果についてです。

立ち上げて、3年間以上になる
各HPのアクセス数の推移を表に
したものが下のエクセルのグラフ。
(クリックすれば拡大します。)
HPアクセス数の推移

アクセス数の推移をみることで、
人気のあるサイト、ないサイト、
自分の興味の方向を等も分かって
きます。

また、ブログとホームページ、
どちらが、アクセスを稼ぐことが
出来るか、ということもグラフに
すると、良く分かります。

一般に、ブログの方がアクセス数を
稼ぎやすいと言いますが、どの程度
違うのでしょう。

一番古い、パソコンの遠隔操作に
関するサイトと、一番古い、
語学に関するブログのアクセス数の
推移の比較が下のグラフです。
HPとブログのアクセス数推移の比較

一目瞭然で、ブログの勝ちです。
しかし、ブログの場合、まったく
迷惑なアクセスも結構沢山あるので
そのままの数字で評価出来ませんが。

また、メールマガジンの発行部数の
推移のグラフは、下記の通りです。
メールマガジンの発行部数の推移

発行部数は、なだらかに上昇して
増加するのではなく、ある日突然
階段状に上がる?特徴があります。
何かの拍子で、増減があります。

PPC広告の場合と、SEO対策に
ついて、比較してみます。

PPC広告を出すのは、手軽です。
効果も目に見えてよいものです。
勉強になります。しかし有料です。

一方、

SEO対策は、PPC広告のような、
いきなり検索順位が上がるような、
瞬発力はありません。しかし、
自分のHPの相互リンクなど、
お金もかからないものが多いので、
地道に行くとすれば、SEO対策の
方が、良い時もあります。


以上、5年間ほど、コツコツと
続けてきたインターネットを使用
しての活動ですが、

経験として分かったことは、大体、
ホームページでも、ブログでも、
メールマガジンでも、ネット関連の
媒体は、その成果を金額で考えると、

1アクセス=1円
メールマガジン1部=1円

程度に考えておけば良いのではない
かな、という感じでした。

私の場合、全てのHPを合わせて、
1日、100アクセス程度ですので、
1000アクセスという、アフィリ
エイトで収入を得るための、目安
となるアクセス数に達するには、
あと、10倍の努力が必要に思えます。

しかし、ある人によれば、ですが、
ルート10(10の平方根)の約3倍、
工夫すれば、到達出来る、という
ことです。

そろそろ、まとめに入ります。

ここまで、HPを作成する準備
から始めて約5年間、50冊以上の
本を参考に、色々、セミナーにも
参加して、ネットの世界を肌で
体験してきました。

ネットの世界では、色々と自分で
実験や失敗が出来るというメリット
を持っています。

また、完成度は低くても、とにかく、
最低限、世の中に必要と言える
情報を自分の責任で発信出来る、
という、大きな可能性を秘めた
世界でもあります。

未知の分野の人とも、簡単に
つながったりすることがあります。

メールマガジンの発行など、大変
ですが、お金に換算できない達成感、
というものも、体験できる世界です。

しかし、

インターネット以外の、現実に人と
直接顔を合わせる付き合いと比べて、
「信用が得にくい」というのは、
インターネット商売のネックです。

現実の世界で人と仲良くなるよりも
大変で、厳しい世界でもあります。

それは、インターネットに問題がある
のではなく、やはり、まだ、インター
ネットを使う人自身が、お互いに
相手を信用出来ない

という現実があるからとも思っています。

甘い言葉で、だます人もいます。
モラルの問題が見え隠れします。

今後、インターネットを使う人々に
とって、より健全なネット社会が
到来しますように。




メールマガジンを発行してみる

インキュイットという起業支援施設に
いる頃に、メールマガジンを発行して
いる方と知り合いました。

そして、その方の発行しているメール
マガジンの購読を始めました。と書いた
ことがあります。

その時は、まさか、自分がメール
マガジンを発行することになろうとは
全く、考えもしませんでした。

しかしその後、書店でインターネット
関係の本を探していた時に、メール
マガジンを使って収入を得る方法を
書いた書籍を数多く見つけました。
例えば、
「1億稼ぐ!メールマガジン私の方法」
石田 健 著 / 祥伝社

「メルマガで人気者になろう!」
ゆうき ゆう 著 / 大和書房

まず、一つ目の方法が、無料のメール
マガジンを発行して、その記事の中に、
アフィリエイトの広告を入れて、
収入を得るという方法です。

この方法だと、確率統計的に言って、
30人に一人が広告をクリックすると
して、その中のさらに、30人に一人が
申し込みをするとして・・・

・・1000人の購読者がいれば、1回の
発行で、1個の商品が売れるという
計算になります。

こうした、確率統計的な話では、
大まかに言えば、読者数2000人で、
そのメールマガジンによる広告収入は
安定だ、というのが相場のようです。

最低1000部の発行はないと収入源と
しては難しいということなのでしょう。

そして、

もう一つの方法が、有料のメール
マガジンを発行する、ということ
でした。

この場合の、目標とする発行部数は、
人それぞれ、となります。

例えば、メールマガジン1通辺りの
価格によりますが、月に1回、300円
とします。もしも、100人の読者が
居れば、3万円の収入(しかし、この
半分は、まぐまぐの手数料!)となる
計算になります。

読者数が、数百人も居れば上出来だ!
ということでしょうか。


私も、何冊か、メールマガジン関連の
書籍に目を通しながら、無料、有料、
両方のメールマガジンを、同時に、
試しに発行してみることにしました。

まず、無料のメールマガジンの方
ですが、なるべく、発行周期を短く
(頻繁に発行)しようと思って、
内容も、日々変わるものが望ましい、
と考えて、天気をテーマにしました。

タイトルは、「世界のトピックス
(天気)
」というものです。
メールマガジン(天気)

タイトルは、何か世界のニュースの
ようですが、テーマは、天気です。

アジアの国を一つ選んで、その中から
さらに、特徴的な一つの都市を選んで、
日本の天気や気候と比べたり、文化や、
風習を紹介するメールマガジンです。

発行部数、わずかに、8でスタート
しました。毎週、発行してみました。

内容を改良して、記事の量も増やし
ていくにつれ、だんだんと、ですが
発行部数も上がっていきました。

期せずして、一度、まぐまぐの
スタッフお勧めのメルマガに選ばれて、
勝手に広告が出ましたので、一気に、
60人ほど増えたこともあります。

こうして、半年後には150人ほどの
読者数になりましたが、その後は、
横ばいになり、今に至っています。

出発点が、読者数8、半年後に
150ですから、3年目にあたる、
今頃は、最初のペースでいけば
1000部を越えていて良いのですが
期待通りには行きませんでした。

最近は、むしろ、読者数減です。

途中で、アンケートも実施しました。
フォームマンというアンケートの
無料管理サービスを使いました。

プレゼントも出して、今まで3回
ほど、アンケートをしましたが、
(参考:プレゼントのページ
メールマガジン(プレゼント)

反応は、初回以外、あまり良い
反応ではなくて、読者の感想を
知るのは簡単ではありません。

でも、最近、全く予期していません
でしたが、ツアーコンダクターの
方から、励ましのメールを頂き、
メールマガジンの発行の醍醐味を
味わうことが出来ました。


もう一つは、有料のメールマガジン。

無料と違って、お金を払ってでも
読者が読みたいものが書けるのか?

本当にそんなことが可能だろうか?

半信半疑で始めたのが正直なところ
でした。自信はありませんでした。

自分で自信のないことを書いても、
続かないでしょうから、テーマに
ついて何にするか、大分考えました。

例えば、語学。特に英語に関しては
ある程度は経験があるので、英語を
テーマにすれば、内容はともかく、
発行部数は稼げるだろう、と予想は
つきました。

それは、語学のブログで、英語の
記事を書くと、他の言葉の記事と
比べて内容が薄い時でも、驚くほど
アクセス数があり、人々の英語への
関心の高さを感じていたからです。

しかし、それでは、面白くないし。
英語は、自分が、楽しいと感じない。

大分、考えましたが、開き直れば
どのみち、自信がない。結局これは、
実験だと。もう、発行部数を目的
として考えるのは、止めにしました。

テーマは、生活習慣、行動習慣を
変えるための道しるべになるような
ものにしたい、と考えました。

最近は、よく、過労死の問題が
取り上げられるようになっています。
私も、入社して配属された部署は
サービス残業当たり前、サービスの
休出当たり前の、猛烈な部署でした。

成果を上げることに、何らの躊躇も
ない、とは言い過ぎですが・・。

そうした、部署で、数年過ごした後、
気が付いたのは、そこまで残業を
するより、残業をしないような努力を
する方が、仕事を通して得るものが
多いし、仕事も楽しくなる!という
ことでした。

それで、

生活習慣、行動習慣をなるべく無理
せず、変えて行けるような方法を
メルマガで書いてみようと思いました。

それが、有料メールマガジンの内容で
タイトルは、「生活改善のためのメール
マガジン☆あかり☆」
でした。
メールマガジン(あかり)


発行は、なるべく気軽に読めるように
月に210円という最低価格にしました。

タイトルも魅力的でないし、・・・
はたしてどうなることやら、

駄目もとでスタートしました。ふたを
開けてみれば、最初の読者数は3人、
がっくり、どころか、こんなメルマガ
でも、3人も!と驚き喜びました。

発行周期は、生活改善がテーマなら、
なるべく頻繁に発行が良い、とばかり、
1年間、毎週発行してみました。

でも、自分でも感じるのですが、どうも
うまい記事が書けず、四苦八苦しました。
読者数が0になっても、1年間は続ける
という覚悟はありましたが・・。

今、3年目に入っていますが、登録
れておられる方が数人おられるので!
(こちらも止められず?)続けています。

なお、まぐまぐを使っての場合ですが、

メールマガジンの発行申請には、登録
サイトが必要で、私のまぐまぐへの
登録のためのサイトがこちらです。
健全な生活を応援するサイト
健全な生活を応援するサイト

タイトルからして、既に怪しいです。
実に怪しい・・。

でも、私の心の根っこにある、将来の
世界がそうなれば良いな・・と考える
社会のイメージでもあります。

多くの人が感じて思っていても、実際には
出来ないこともあるものです。

タイトルの怪しさ、内容のつかみにくさ
という点は私自身でも、感じていますし、
今まで、アフィリエイトの審査に何度も
落ちた実績のある、駄目?サイトです。

Amazon、バリューコマース・・その他、
いくつものショップの審査から愛想を
つかされても、潰れない。しつこさは
筋金入りです。

人前で、直接口に出すのは気恥ずか
しいタイトルなのですが、なぜか、
HPだと根拠なく大胆になるようです。

トップページへのアクセスは少ないの
ですが、無料のメールマガジンの中の
記事をまとめて、HPに再構成した
ページは日に数十のアクセスがあります。

例えば、アクセス数が多いのは、
アジアの歴史のページ
アジアの地理・気候のページ などです。

メールマガジンの記事を再利用すると
貴重なホームページになるようです。

そして、3年目に入った、ところで、
メールマガジンの発行の感想は、

一言で言えば、
”猛烈に大変だった!”
ということです。週に一度でしたが、
あっという間に締め切りが来る感じで、
メールマガジンの発行周期に合わせた
生活スタイルになってしまいました。

でも、これは、私の場合であり、
全ての人にとって大変かどうかは
分かりません。楽しい時もありますし、
大変、自分の力にはなった。
と思ったりもします。

ある程度、軌道にのれば、発行が
不定期でもよいでしょうが、初めは
ノルマを背負うつもりで、発行周期を
決めて発行したから、大変でした。

ライターの方の締め切りの大変さが
本当に、よく体で分かりました。

発行部数は、最初の予想(期待)
ほどではなく、直接的な収益には結び
つきませんでしたが、「思わぬ効果」が
あることを発見しました。

次回、その、メールマガジン発行に
より、「思わぬ効果」について補足
して書いてみようと思います。



プロフィール

hiropon2006

Author:hiropon2006
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。