スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsPC用のプログラミングを学ぶ

Windowsの入ったパソコンから、
UNIXのパソコンの画面を遠隔で
操作する方法を説明しました。

当時は、Windowsのパソコンを
使って計算させるよりも、
UNIX系のOSのコンピューターで
計算させる方が、速くて確実と
いう理由で、UNIX系のコンピュー
ター(マシン)用にプログラムが
書かれていました。

けれども、Windowsが爆発的に
普及して、性能も上がってくると
やはり、今後は、プログラムを
Windowsパソコン用に作成しようと
いう方針になり、私達の開発して
いるソフトも、仕様変更が進んで
いました。

基本的には、UNIXやLINUX系の
マシンに、C言語を使って
プログラムを書いていました。

一方、Windows用のプログラムを
書くためには、C++(シープラプラ)
の方が色々便利だとういことで、
若い研究者は、こちらの言語を使う
人もいました。

そもそも、Windowsというのは、
何が良いのか、と言いますと、

まず第一に、気軽に、
「コピー&ペースト」が出来ること。

そして、それを、マウスを使って、
画面のファイルを操作出来ること、
でしょうか。

今では、UNIXやLINUX系のマシン
でも、同じようなことが出来ますが、
始めは、黒い画面に向かって、
文字を、キーボードで打ち込むと
いう、固いスタイルの作業でした。

それが、Windowsになって、一変し
簡単に直感的にパソコンが操作が
出来るようになったのです。

ですから、Windowsの場合には、
プログラミングのスタイルも、
C言語の時とは少し変わります。

Windowsのプログラミングの場合、
本格的なプログラムには、やはり
C++(シープラプラ)が好まれ
ますが、個人的なものや、手軽に
使いやすいプログラムを作成する
には、Visual Basicも人気です。

Windowsのプログラミングとして、
Visual Basicも勉強してみました。

まず、この本を読めば、どのように
Windowsのソフトが動くのか、その
仕組みが良く分かります。

大澤 文孝 著 工学社
Visual Basicの仕組み

この本は、プログラムの実際の
書き方に重点を置いて、丁寧に、
基本が書かれています。

伊藤華子 著 メディア・テック出版
Visual Basicの基本手順


でも、そもそも、Windowsの
パソコンには、WindowsVBSという
言語が搭載されています。

WindowsVBSを使って書くことが
出来れば、この前に紹介した、
コンパイラーなどプログラミング
用のソフトは不要です。

WindowsVBSを簡単に体感する
ことが出来ます。

例えば、
スタート→アクセサリー→メモ帳で、

メモ帳の中に、

Dim a
Dim b
a = InputBox("値を打ち込んで下さい")
b = a*2
MsgBox b

という文章を、丸々、そのまま
コピー&ペーストします。
(Windowsの威力発揮です。)

次に、ファイルを名前を付けて保存で、
ファイルの種類を「全てのファイル」にして、
ファイルの名前を Test.vbs にします。
(Testの部分は適当ですが、必ず.vbs)
保存先は、デスクトップにします。

そうすると、デスクトップに変わったアイコンの
ファイルが出来ます。(完成です。)
Windows VBS

このファイルをダブルクリックして、
数字をいれてみます。

例えば、10を入力してOKをクリック
してみましょう。
VBS サンプル1

Enterキーを押すと、答えの
10×2の20が表示されるでしょう。
VBS サンプル2

先のコピー&ペーストした、文を
適当に変えて実験すると、なかなか
面白いものです。

時間がある方は、どうぞ。??
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

hiropon2006

Author:hiropon2006
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。