スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイルの拡張子と、フォルダー送付方法

会社を辞めて、次にした仕事とは、
大学での事務員でした。

ちょうど、通産省(現:経済産業省)
大学、産業界が連携して、国の予算で
工業用のソフトウエアーを開発する
ことになったのですが、開発の拠点と
なる大学で、このプロジェクトの
事務員という仕事がありました。

初めに何をするのか聞いた時には、
日々の事務作業と、まあ、電話番
くらいだろうということでした。

この仕事なら、次の本格的な仕事を
準備する上で、給料は安いけれど、
負担も軽いし、時間も比較的とり
やすいだろうということで、私も
引き受けました。

退社してから、待つこと4ヶ月、
新しい職場でした。

新しく出来た建物の中で、新しい、
机や、コンピューターが待って
いました。暑くてほこりっぽい
現場とは全く違う、クリーンな
環境でした。

大学の一室には、研究員の方々が
そろいましたが、そのメンバーは、
韓国人、中国人、日本の企業から
1名、そして、私でした。

韓国語や、中国語は知りません。
これは、もう、英語を話すしか、
コミュニケーションが出来ない
状況でした。

事務の仕事をする上で、大学の
外から、色々な研究機関や、企業
国から、書類が送られてきますが、
その、ファイルがどのソフトを
使って作成されたのか、しばしば
分かりませんでした。

ワープロの文章でも、Microsfoftの
ワード以外に、ジャストシステムの
一太郎など、色々、統一されていない
文書が届くのです。

それで、参考に買ったのが、
ファイル拡張子辞典(技術評論社)
ファイル拡張子辞典

今では、ソーネクストより、ファイル
ビューワーという大抵のファイルは
見たり読んだり出来る安価なソフトが
出ていますが。

また、研究員の出席簿をプロジェクトの
事務作業を統括する、東京のセンターへ
メールで送る時など、研究員の人数分
分けて送らなければならず、不便でした。

便利な方法をソフト会社の方に教えて
頂きました。圧縮ソフトを使うのです。

LHUT32

通常は、メールの添付ファイルでは、
エクセルのファイルはフォルダーに
入れたままでは送れない(フォルダー
はメールに添付出来ない)のですが、
フォルダーを圧縮ファイルにして
送れば、受け取り側が、解凍すると
フォルダーに整理された状態で届く、
という方法です。

LHUT32というソフトの場合は、

圧縮ウィザードで、圧縮したい、
フォルダーを選択し、次へ→
次へで進みます。

自己解凍書庫というものを、
指示に従って作成し、この書庫を
メールに添付するのです。

なお、作成する書庫名のところは、
ファイルの参照ボタンを押して
まず、圧縮ファイルを保存する
場所を指定(デスクトップ等)し
名前を書庫名の空欄に入れて、
自己解凍書庫のチェックを入れて
おく(こうすると、受け取る側は
ダブルクリックするだけで、解凍
出来ます)と、良いでしょう。

この事務の仕事は、最初の数ヶ月は
事務所の立ち上げ、外国の研究員の
生活サポート、その他の作業でした。

夕方、5時になると帰れるのです!

今まで、昼夜を問わず、トラブルが
あれば出勤していた生活とは、帰り
に吸う空気まで、違っていました。

普通に生きているんだ、という感じが
しました。

しかし、しばらくして、また新たな
課題が出てくるのでした。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

hiropon2006

Author:hiropon2006
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。