スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気軽な水中撮影(DicaPack)

8月末に、沖縄から、西表島に行ってきました。

なんでも、きれいな海とサンゴ礁があって、
熱帯魚も見れるというので、デジタルカメラで
水中撮影が出来ないか、考えました。

純正の水中撮影用の装置は、高い!のです。
(数万円します)

それで見つけたのが、DicaPackという商品。
色々なメーカーのデジタルカメラが水中で
使えるようになるという商品です。

旅行へ出発3日前に注文し、手に入れました。
約3000円ほどの出費でした。
DicaPack-1

こうして、カメラを入れます。私のはNikonのCoolPix3100です。
DicaPack-2

裏側は普通に透明です。音も通るので、ビデオ
撮影も出来るそうです。
DicaPack-3

生まれて初めての、沖縄旅行で、気分も高まります。
沖縄上空

那覇から、石垣島に飛行機で乗り継ぎ、
さらに、高速船で、西表島まで行きます。
翌朝、いよいよ、小船に乗り、さんご礁へ。
ボート-1

天気は快晴、小船に屋根がついているので
日陰で気持ち良いです。時速30kmほど出る
ボートなので、帽子が飛ばされないように、
あごにゴムをつけました。
ボート-2

30分ほどで、サンゴ礁に到着。急に水の色が
透明な水色に変化しました。
サンゴ礁-1

下を見ると、さんご礁です。水深は数メートルでしょうか。
サンゴ礁-2

シュノーケルをつけて潜るのは、初めての体験
だったのですが、船長さんに、詳しく聞いて、
上着には、ライフジャケットをつけて、水に入りました。
遊泳姿

下を見ると、沢山の熱帯魚が泳いでいます。
nettaigyo-sango-1

早速、DicaPackをつけたカメラで、水中写真撮影です。
nettaigyo-sango-2

いつものとおりに撮影が出来ます。熱帯魚の部分を
拡大してみると、こんな感じです。結構、写ります。
熱帯魚拡大2

夢中になって、色々な熱帯魚を撮影しました。
意外と、泳ぐのが速いので、きちんと撮るのは
簡単ではありませんが!
nettaigyo-sango-2

サンゴも、紫色のものがあり、きれいでした。
さんご

白いサンゴのテーブルの上に、小さな青い熱帯魚が
群れていました。近づくと、サンゴのすき間に隠れて
しまいますが、本当にきれいでした。
熱帯魚拡大1

3000円の投資で、いつもの使い慣れた
デジタルカメラで、なかなか、面白い水中写真を
撮ることが出来ました。

ケースの中に入れると、電源を入れる操作が
やりにくくなるのが、今後の改良点でしょうか。
事前に、操作の練習をしておかないと、いざ
本番の時には、焦ってしまいそうです。

水深5mまで使えます。お気軽に水中撮影を
するには、本当に良い商品だと思いました。

ここで気が付いたのですが、
DicaPacα(ディカパックアルファ)という商品が
出ていました。電源を入れやすいように、改良し
さらに、水深10mまで使えるそうです。
値段は、3800円ほどになっていました!

ディカパック アルファ WP-510【総合百貨店 プレジデント】ディカパック アルファ WP-510
3,800円
いつものカメラが水中カメラに!静止画も動画もおまかせ!

Ads by 電脳卸


デジカメの機種別に、タイプが用意されているので、
よく確認しておく必要があります!

水中撮影が出来る手頃な価格のビデオカメラも
あるようです。↓

防水デジタルムービーカメラ BK

防水デジタルムービーカメラ BK

¥11,499(税込)

500万画素仕様での、動画、静止画もとれるデジタルカメラ。。デジタル8倍ズーム。32MBの内臓メモリー。約28…



沖縄(那覇、石垣島、西表島)3泊4日観光のレポート








スポンサーサイト

theme : お役立ちツール&情報
genre : アフィリエイト

プロフィール

hiropon2006

Author:hiropon2006
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。