スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットでの収益を振り返ってみれば

メールマガジンを発行していて、時々あるのが
新刊書の紹介の依頼です。

依頼をされたら、ジャンルが大きく異ならない
限り、なるべく受けるようにしています。

ただ、発行周期の関係で、依頼主のご要望に
応えられない時もあるのですが。
(紹介したら、1冊頂けることが多いです。)


例えば、次の書籍は、発行を休んでいた時に
受けたので、紹介出来ませんでした。

「インターネットに就職しよう!」
著者 守屋 信一郎 発行 青月社



さて、この本を読んで、自分の場合を
振り返ってみました。

ちょうど、一昨年に、ドロップシッピングの
ために費やした費用(セミナーなど含む)の
記録を見ていたので良い機会でした。

無料レポートの作成や配布の方法、そして
メールマガジンにのせた広告用のURLへの
リンクの効果測定のツールなど、知らなかった
知識が入りました。

メルぞう、無料情報ドットコム、インフォカート
bit.ly 等など

基本の復習に加えて、新しい勉強になりました。

実は、有料広告(PPC広告)に費やしたのが
9万円にも上っていました。PPC広告を使う
ときには、こまめにチェックして不要な広告は
思い切って下ろすべきでしたが、他の用事で、
手が回らないとこのようなことが起こります。
2万円ほど利益はありましたが、それにしても、
痛い、高い勉強費でした。

この他、自分を振り返って、アフィリエイトや
ドロップシッピングなどで収入を得る方法、
また、メールマガジンのトピックにしても、
共通した反省点が見つかりました。

その反省点は、

情報を混在させてしまい、結果的に、メール
マガジン、或いは、アフィリエイトやドロップ
シッピングの商品に特徴がなかったことです。

有用な情報でも、相乗効果のない組み合わせを
すると、特色が薄れてしまい、利益(言い換えれば、
メールマガジンや、ホームページの来訪者への
興味や利益=これが、自分への利益になる)に
つながらなかったことです。

基本的に一つのメールマガジンで一つの情報、
あるいは、テーマが基本のようです。

本を読み返し、反省すべき点が見つかりました。

ともかく、

今は、有料の広告は出していません。私の生活
スタイルでは、今はこれが気楽で良いです。
それでも、時々ですが、ドロップシッピングや
アフィリエイト、Amazonから収益が入ります。

100円でも収益があれば、非常にうれしいですね。

また、この本のように、メールマガジンの発行で
副産物のように得られるものがあります。

他の道でも同じと思いますが、自分の頭と手を
使って試行錯誤する中で、だんだんと自分の
スタイルが出来ていくようです。そのためにも、
新しいことを自分で調べるのは勉強になります。

正しい方向へ、ジャンルを絞って、コツコツと
試行錯誤を繰り返す大切さを再認識しました。
スポンサーサイト

参考書を買う(かんたんシリーズ)

パソコンのマニュアルは、とりあえずは、
必要なところだけで、大丈夫なはずです。

詳しく読む時間のある人も、そう、多くは
いないかもしれません。
(詳しく読む人の方が少ないかも)

何はともあれ、

これで、パソコンを使う仕事のスタイルに
入りました。仕事は、パソコンスクールでは
ないので、独学自習の世界ですが、
詳しい人に聞くのが、一番速い気がします。

それでも、仕事中に、あまり人に聞いて
ばかりもいられません。思いついたのが、
参考書を買おう、ということでした。

書店に行くと、結構、色々ありました。

とりあえずは、ワープロソフト、メール、
表計算ソフト、発表用(プレゼンテーション)
ソフトが使えれば、仕事になりました。

入門レベルで、気に入ってそろえた本が
技術評論社の「かんたん」シリーズです。

カラーで分かりやすく、今思っても、意外に、
入門レベル以上のことも書いてあります。
自習独習の楽しさを教えてくれた本です。

技術評論社は、「電脳通信」という、書籍を
紹介したちらしを送ってきてくれます。
なかなか、サービスの良い会社だと思います。

とにかく、これで、ソフト、ハードの両面から
人に頼り過ぎない、パソコンのある生活に
なりました。

技術評論社のかんたんシリーズ










ネットショップ運営

この本の正式な題名は、
成功者しか知らない、ネットショップ運営

やはり竹内謙礼氏の本です。

実店舗と、ネットショップの違いの説明から
始まり、立ち上げたものの、売れる店と
売れない店が何が違うのか解説してあり
ます。ネットショップを運営する上で、自分の
方針で、間違った思い込みがなかったか
どうか、確かめるのに参考になります。

行き詰まったり、飛躍しなくなった時に
参考になります。特に、良いメルマガ、
良くないメルマガ、良い商品ページ、
良くない良い商品ページの比較が
分かりやすいです。読みやすい文体で、
さすが、これだけの本を書かれるなら、
実際にもうまく行くだろうと感じます。
読むと、希望が湧いてきました。

竹内謙礼 / 双葉社

ネットショップ運営


1日30分で一生分のお金を稼ぐ方法

1日30分で一生分のお金を稼ぐ方法は、
楽天のベスト店長を2年連続獲得した、
竹内謙礼さんが書かれた本です。

ネットショップのことだけでなく、ドロップ
シッピングのことにも詳しく書いてあります。

「よく売れる商品」=「よく検索される商品」
の他、読みやすいレイアウトの商品ページは、
どんなものか、など、理に合ったノウハウが
堅実で、やさしい語り口で書いてあります。

読むと、希望が湧いてくるような内容です。
とにかく、基本は、1日30分、こまめに、
試行錯誤しながら、忠実に本の内容を
実践すると、効果がありそうです。

竹内謙礼 / 青春出版社

1日30分で一生分のお金を稼ぐ方法

業績がガツンと上がるHP力

正式な書名は、
「業績がガツンと上がるHP力!」

HPをお店の営業の窓口として
使いたい方に、役に立つ本です。

デザインが良ければ、人が集まる
HPになるのではないとういことです。
いかに、売上げに結びつくような、
営業力のあるHPにするためには、
どのようなことが必要なのか。

ただ、HPを作れば良いという所
(自己満足)から、一歩踏み込んで、
非常に実質的なポイントがいくつも
書いてあります。

分かりやすい文体です。著者には
会ったことがありますが、シャープな
分析の視点を持った女性社長です。

さこ・石尾雅子 著 / リベルタ出版

HP力
プロフィール

hiropon2006

Author:hiropon2006
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。